カテゴリ:北朝鮮の工作船( 1 )

北朝鮮の工作船


横田めぐみさん拉致事件がいまだ未解決でなんともいえない虚しさを感じておりますが
いち早い解決を願うのみです。

拉致事件に関係しているとされている北朝鮮の工作船が現在は、横浜の赤レンガ倉庫
公園の近くに工作船展示館の中に保存され無料で公開されております。



1.
c0119210_21115141.jpg




2.
c0119210_21125283.jpg




3.
c0119210_2114525.jpg




4.
c0119210_21164764.jpg




5.
c0119210_2118564.jpg




6.
c0119210_21195815.jpg




7.
c0119210_2122385.jpg




8.
c0119210_2123172.jpg




9.
c0119210_21243244.jpg




10.
c0119210_21271215.jpg




11.
c0119210_21293537.jpg




12.
c0119210_21304038.jpg




13.
c0119210_21315328.jpg




14.
c0119210_2136079.jpg



不審船
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

船の科学館で展示された北朝鮮の工作船

現在は、横浜の赤れんが倉庫の近くに工作船展示館が出来ており無料で見学できる

北朝鮮の工作船に装備されていた2連装14.5mm対空機関銃 不審船(ふしんせん)とは、一般には不審な行動をする船舶全般を指す言葉。日本では日本近海でたびたび目撃されている朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作船との疑いのある船舶を指すことが多い。海上保安庁では1963年(昭和38年)に最初の不審船を公式確認して以来、2003年までに20件21隻の不審船を確認している。北朝鮮の工作船は、麻薬の密輸や日本人拉致に関与した嫌疑が濃厚である。日本の暴力団との関係も指摘されている。


不審船の特徴
北朝鮮の工作船と見られる不審船には以下の特徴がある。

日本や中国の漁船に偽装している。
無線装備の充実をうかがわせる多数のアンテナの装備。
船首が通常漁船には見られない鋭い形状。
船内に小型漁船のように偽装した上陸用の小型艇を搭載し、船尾にその出し入れ用のハッチがある。危険な韓国への侵入任務の場合は代わりに「半潜水艇」という特殊艇を搭載する。
突撃銃や機関銃、対戦車火器、対空ミサイルなどで武装している。
ロシア製の強力なエンジンを4基搭載しており、軍艦以上の高速航行(約30ノット)が可能。
[PR]
by nrk14949 | 2008-02-27 21:51 | 北朝鮮の工作船